銀行とマネープランと金融商品
中京銀行とマネープラン

中京銀行の外貨預金

投資など積極的な資産運用に興味を持つ人が増えている昨今、外貨預金が勧められるケースも増えています。外貨預金はアメリカドルやユーロなど海外通貨で預ける預金商品で、通常外貨普通預金と外貨定期預金があります。円普通預金や円定期預金と違うところは、通貨を換える際に為替相場に応じた差益が発生することです。基本的に定期預金の利息は微々たるものですから、この為替差益を目的に外貨預金を利用する人が多いのです。

しかしながら中京銀行で取扱っている貯蓄型外貨普通預金は定期預金金利にこそ及ばないものの、通常よりも有利な金利で利用できる商品です。預入金額に応じて適用金利が設定されるので、通常の外貨普通預金金利を上回る金利で運用でき、外貨普通預金では物足りないという人でも満足して使えます。初めての外貨預金で為替差益をたくさん得る自信がないという人にもオススメです。

外貨預金に慣れたら外貨定期預金にチャレンジするのもいいでしょう。中京銀行ではアメリカドルとユーロ2種類の通貨で定期預金を組むことができます。預入期間は1ヶ月から1年と短めですが、最低預入金額に制限があるため比較的大きな金額の運用に使われることが多いです。店頭表示金利は通貨によって異なりますが、それぞれの通貨で為替変動のリスクも異なるので慎重に通貨を選びましょう。

外貨定期預金では為替変動リスクを軽減するために、満期日の適用為替相場を最初に決めておくサービスがあります。しかし中京銀行の場合はオープン型の外貨定期預金なのでそのサービスが使えません。そのため利息が高くても為替手数料や為替差損で結果的にマイナスになってしまうこともあり、日本円のスーパー定期預金のほうがお得になる可能性もあります。

©2015 銀行とマネープランと金融商品 All rights reserved. | Designed by SliceMaker