銀行とマネープランと金融商品
中京銀行とマネープラン

中京銀行のインターネット支店

インターネットが普及し高齢者でも携帯やスマホを持っている現代では、インターネットを利用したサービスを提供する金融機関が非常に多くなっています。最も多いのはインターネットバンキングですが、金融機関によってはインターネットで口座開設できたりインターネット上にバーチャル支店を設立している場合もあります。とくにジャパンネット銀行や楽天銀行、大和ネクスト銀行などは新たな形態の銀行と呼ばれ、インターネットやATMを主な取引ツールとしています。

中京銀行は一般的な地方銀行ですが、インターネットとATMで取引をおこなうインターネット支店、その名も「なごやめし支店」を設置しています。なごやめし支店は国内に住んでいれば誰でも口座開設できるという手軽さに加え、通帳が発行されないなどの管理の簡単さが特徴です。ローンや投資など窓口でじっくり相談したほうがいい商品もありますが、預金商品の利用や振込などはなごやめし支店の利用がオススメです。

中京銀行なごやめし支店を利用するメリットは利便性だけではありません。他の店舗では利用できない金利上乗せ円定期預金があるのです。その預金金利はかなり高く、通常の店舗で扱っている高金利の各種専用定期預金よりも高いです。さらに元々高い金利が特別金利キャンペーンでさらに高くなることもあるため、別の銀行を使っている場合でも口座開設してサブバンクにする価値があります。

しかしこういったインターネット支店やインターネットバンキングは店舗やATMにはないリスクがあります。フィッシング詐欺やウイルス感染の恐れがあり、不正送金やパスワード漏えいなどの被害が後を絶たないのです。最近では法人口座の被害も増え、中京銀行でも無料でセキュリティソフトの配布をおこなっています。なごやめし支店利用の際には必ずダウンロードしましょう。

-参考リンク-

フィッシング詐欺 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/enduser/security01/05.html
ウイルス感染 https://www.ipa.go.jp/security/personal/know/virus.html
パスワード漏えい http://security.ocn.ne.jp/anshin/danger/trouble/casestudy_01.html

©2015 銀行とマネープランと金融商品 All rights reserved. | Designed by SliceMaker