銀行とマネープランと金融商品
インデックスファンドで投資ライフ

インデックスファンドの基本

一昔前は投資と言えば難しそう、大変そうというイメージが先行していました。というのも証券会社との取引や売り買いをするのに、いちいち電話や窓口を使って面倒な手間がかかっていたからです。現在はネットバンクやネット証券を使ってワンタッチで取引が可能となり、低リスク商品もたくさんあるので若者や女性の利用が増えています。

インデックスファンドは投資信託の1つで、日経平均やダウ平均、東証株価指数など市場の株価指数との連動を目指すという特徴があります。投資信託とは複数の投資家から資金を集め、一括で管理してプロが実際の投資と運用をおこなうという投資方法です。実際の投資はプロがおこなうため初心者でも失敗するリスクが低く、元本が保障されるわけではないものの人気の高い投資商品です。

投資においては市場の値動きが非常に重要で、値によって損益が決定します。インデックスファンドはその市場指数と連動して安定感のある値動きで推移するため、投資の初心者であっても市場とほとんど同じ成績を得ることができるというメリットがあります。通常の投資だと個人投資家が自由に株を選んで投資するため、市場成績を下回ることが多く、インデックスファンドだとその心配が少ないのです。

ちなみにインデックスファンドと正反対の投資方法のことはアクティブファンドといいます。ファンドマネージャーが投資対象を決めて、積極的に運用をおこなう手法です。インデックスファンドに比べて短期的な運用が多く、利益は高いものの安定性に欠けリスクが高いことが欠点とされています。そのため長期的な運用で収益を狙うインデックスファンドのほうが初心者向けで尚且つ確実に利益をあげることができます。

-参考リンク-

日経平均 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=998407.o
ダウ平均 http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=^dji&ct=b

©2015 銀行とマネープランと金融商品 All rights reserved. | Designed by SliceMaker