銀行とマネープランと金融商品
新興国通貨で見る投資と経済

新興国と通貨

ではエマージングマーケットで扱われる通貨は具体的にどんな通貨なのでしょうか。まず今現在エマージングマーケット通貨とされているのはブラジルレアル、ロシアルーブル、インドルピー、中国人民元の4通貨です。まずブラジルレアルは、ブラジル国内でのみ利用されている通貨です。そのためすべてブラジル中央銀行で発行されています。まだまだ日本国内では取引量が少ない通貨ですが、海外ではエマージングマーケット通貨の1つとして注目を集めています。

ルーブルという通貨はロシア以外にベラルーシでも利用されていますが、エマージングマーケット通貨とされているのはロシアルーブルです。ロシア以外にアブハジアと南オセチアでも非公式に利用されています。ロシア国内の過激なインフレとアジア通貨危機のあおりを食って1998年に急激に通貨価値が下がるというトラブルがありましたが、現在はロシア経済の回復によって通貨価値も上がりつつあります。

ルピーという通貨単位もインド以外にパキスタンやスリランカ、ネパールなどで利用されています。その中でもインドルピーはインドの経済成長もあり市場で注目が集まっています。インド政府もルピーの市場価値を上げて国際的に重要な位置を占めることを目的としています。しかし2010年以降のインド経済は伸び悩み気味にあります。とはいえインドは中国と並んで労働における人材が豊富なため、世界各国の企業進出は依然として著しい状態にあります。

-参考リンク-

ブラジル中央銀行 http://www.bcb.gov.br/
インド政府 http://india.gov.in/

©2015 銀行とマネープランと金融商品 All rights reserved. | Designed by SliceMaker